2014年03月20日

小腸を刺激して痩せるホとこルモンを出す食べ物がある!?

ある食べ物を食べるだけで痩せるホルモンを分泌させることができるそうです。

そのホルモンの名前は、GLP-1

もう手放せない! GLP-1受容体作動薬 ―どのような症例に,どう使うべきか?

小腸は、成人で長さが6mくらいで、主に水分を吸収し、栄養素アミノ酸などを吸収するところです

さて、小腸を刺激する食べ物とはいったい

GLP-1ホルモンを発生させるには、小腸の下のほうに分泌する細胞が多いです。
その部分にまで届く食品を摂取する、つまり消化しにくいものを食べるということです。

それは。アボガドです。

アボカドバンザイ!―アボカドをもっとおいしく、楽しく味わう本 (ハッピータイムブックス)

アボガドには、1日摂取する食物繊維の半分が1個で摂取できます。
ただし、カロリーが280kcalもあるのでそこは気をつける必要がある
表裏一体のたべものです。

そのほかの食べ物や料理法はこちらから









posted by サリーマン at 01:06| ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。